お知らせ

節分祭斎行

2月3日に斎行されました節分祭の様子をご紹介致します。

土曜日ということもあり、多くの方にご参拝ご参加頂きました。

好天であり、また積雪も少なめの節分祭でした。

DSC_1541
豆撒きの的になった鬼さんです。 写真は豆を当てられやれやれと帰るところをモデルに成ってもらいました。

DSC_1651
副豆撒きです神社関係者、来賓、年男の皆様より来場者に福のお裾分けです。撒き物は豆のほか、御協賛頂いた各種心のこもった品々です。

DSC_1691
富くじ抽選会、御来賓各位より抽選番号が告げられます。

DSC_1690
真剣に富くじを確認されています。特等は伊勢神宮旅ペア旅行です。

DSC_1694
特等は市内の女性に当たりました。おめでとうございます。宮司より目録の贈呈です。

DSC_1746
全ての行事が終わり、関係者、来賓が集まり直会です、お疲れさまでした。

2月3日(土) 節分祭予定

恒例節分祭を2月3日斎行致します。

3時20分ころ、富くじの授与
4時00分ころ、参道・三重塔に於いて豆撒
4時05分ころ、お子様限定でお菓子のプレゼント
4時10分ころ、富くじ抽選

という予定でおります。皆様の御参拝をお待ちしております。

IMG_2208

IMG_2216

写真は4年前の節分祭の様子です。

名誉総代会 特大絵馬奉納

12月24日、若一王子神社名誉総代会様より拝殿前に絵馬が奉納されました。
絵馬作成にあたり、大町の画家、齋藤清先生に油絵を描き起して頂き、それを源に
大絵馬を作成したそうです。
余白が有りますが、そこには追々文字が書かれるそうです。

IMG_4034

特大絵馬奉納にあわせて、齋藤先生による原画も奉納されました。
原画も100号という大作です。今後は参集殿にご用の皆様を、この凛々しい少年射手がお出迎え致します。
下の写真は原画が搬入された折の原画と齋藤先生です
奉納画と斎藤清

皆様のお参りをお待ちしております。

新年への準備、しめ縄作り

しめ縄作りと、しめ縄の掛け替えがありました。
12月17日に若一王子神社崇敬会と有志の皆様でしめ縄を作りました。
IMG_4023
毎年の作業ですので手際も良く、みるみる藁が縄になって行きます。

IMG_4021

12月20日早朝 しめ縄の架け替えを致しました。新たなしめ縄で、清々しく新年が迎えられそうです。
DSC_1369
DSC_1380
新たなしめ縄の前で記念撮影をし、作業終了です。

崇敬会・有志の皆様有難うございました。

例祭奉祝祭斎行

7月23日に例祭奉祝祭が斎行されました。
この一連のお祭りを、奉納行事を中心に写真で紹介致します。
祭典の全ては紹介しきれませんが、雰囲気を少しでも感じていただければと思います。

IMG_3895
7月17日2:30 例祭 写真はご神前に太鼓の演奏を奉納しているところです。

IMG_3896
7月22日2:00 八坂神社例祭 発幸祭 場所は大町商工会議所です。
その昔はこの場所に八坂神社が有ったそうです、今は若一王子神社境内社となっています。

 

IMG_3901
神輿渡御 商工会議所から八坂神社のお神輿が町内を練り歩きます。
このお神輿は観音堂と同じ頃《1706年頃)の製作と伝えられています。

 

IMG_3911
八坂神社のお神輿の下をくぐると無病息災の御利益があるといわれます。

 

IMG_3918
お神輿は駅前で稚児行列と合流して王子神社へと向かいます

 

DSC_0746
22日の夕方は一時大雨で境内で予定された奉納剣道は中止、場所を体育館へ移しての奉納に
。また太鼓の奉納演奏は雨を避け、拝殿に上がっての演奏となりました。

 

DSC_0766
23日、奉祝祭当日、浦安の舞奉納

 

DSC_0783
流鏑馬神事の様子、写真はぼぼさん(射手の子供)の父親が宮司より矢を授かっているところ。

 

DSC_0789
上の矢は神事で放たれます。この矢竹は旧美麻村の勝野家より毎年奉納され、神職が矢に加工します。

DSC_0800

DSC_0811
境内の流鏑馬神事の直後、拝殿では10名の射手が集合し、流鏑馬神事奉告祭が斎行されます。

DSC_0820
8時過ぎ、拝殿前に於いて、お囃子の奉納。
舞台に乗り込んだ奏者によって、厳かに奉納囃子が奉納されています。

DSC_0844

DSC_0860
そして別れ囃子を演奏しつつ境内を後にします。

 

その後、ぼぼさんは再度騎乗し、神社から各町へ帰ります。
これで一連のお祭りは終わりとなります。

お疲れさまでした。